日光の今がわかる観光情報サイト

日光観光ライブ情報局

〜世界遺産と奥日光〜

大 中 小
サイト内検索
トップページへ戻る
  1. トップページ
  2. イベント
  3. 日光の伝統行事
  4. 荒沢不動尊護摩供養

日光の伝統行事

荒沢不動尊護摩供養

期日:10月28日 11:00〜12:00 *荒天により変更有り

裏見の滝に祭られた荒沢不動尊は1624(寛永元)年に奥州の出羽三山から迎えられました。
かつては行屋や茶屋まで出来、信仰登山のための日光修験の場として大変栄えました。
この場所で春(5/28)と秋(10/28)健康・安全祈願や水の恵に感謝を込めてお経を唱えながら護摩が焚かれます。

荒沢周辺では開始前から法螺貝の練習音が鳴り響き、水音にぎやかな裏見の滝までも届いてくる。この時期は紅葉とも重なるため、滝周辺の散策を兼ねるのも良いだろう。

厳かな供養のあとには参拝者に御赤飯やけんちん汁が振舞われます。

大きな地図で見る

場所 裏見の滝
交通 東武・JR日光駅より東武バス「裏見ノ滝入口」下車徒歩40分
連絡先 興雲律院
TEL:0288-54-0260
日光の伝統行事一覧へ戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) Nikko Kanko Live Johokyoku. All Rights Reserved.