日光の今がわかる観光情報サイト

日光観光ライブ情報局

〜世界遺産と奥日光〜

大 中 小
サイト内検索
トップページへ戻る
  1. トップページ
  2. 観光スポット
  3. おすすめ観光コース

おすすめ観光コース

首都圏より少し遅咲きの日光の桜をめぐるコース詳細

首都圏より少し遅咲きの日光の桜をめぐる

春におすすめ ドライブ 世界遺産エリア

都心に比べて標高が高く、ほぼスカイツリーと同じ高さの世界遺産『日光の社寺』が位置する山内(さんない)付近の桜シーズンは4月中旬頃です。
日光の桜は、ヤマザクラとシダレザクラが多いこと。また、日光駅から奥日光湯元温泉まで標高差が約1,000mもあるので長い期間桜が楽しめます。

奥日光の隠れた名瀑と木漏れ日に癒される「戦場ヶ原」ハイキングコース詳細

奥日光の隠れた名瀑と木漏れ日に癒される「戦場ヶ原」ハイキング

夏におすすめ ハイキング 奥日光エリア

奥日光を代表するハイキングコースで、夏の観光シーズンにはハイカーでにぎわいを見せます。
「奥日光の湿原」として「ラムサール条約」に登録されている戦場ヶ原は木道が整備されハイキングに最適。
コースはほとんどが下り坂になっていますので、高齢者やハイキング初心者でも歩きやすいコースになっています。

マイナスイオンたっぷり日光パワースポット滝巡りコース詳細

マイナスイオンたっぷり日光パワースポット滝巡り

夏におすすめ ドライブ

霧降ノ滝から華厳ノ滝、奥日光の湯滝まで日光有数の滝を巡り、マイナスイオンあふれるパワースポットを満喫できる贅沢なコース。
交通渋滞を避けたい時には湯滝からの逆コースがおすすめ。

日光近代歴史散策 3 【いろは坂〜中禅寺湖〜湯元温泉】コース詳細

日光近代歴史散策 3 【いろは坂〜中禅寺湖〜湯元温泉】

史跡散策 奥日光エリア

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
第3弾はいろは坂を上り中禅寺湖をぬけて湯元温泉まで!

日光近代歴史散策 2 【世界遺産日光の社寺〜いろは坂】コース詳細

日光近代歴史散策 2 【世界遺産日光の社寺〜いろは坂】

史跡散策 世界遺産エリア

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
第2弾は世界遺産日光の社寺からいろは坂まで!

日光近代歴史散策 1 【JR日光駅〜世界遺産日光の社寺】コース詳細

日光近代歴史散策 1 【JR日光駅〜世界遺産日光の社寺】

史跡散策 世界遺産エリア

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
まずはJR日光駅から世界遺産日光の社寺付近まで!

紅葉に染まる「世界遺産 日光の社寺」を歩くコース詳細

紅葉に染まる「世界遺産 日光の社寺」を歩く

秋におすすめ 史跡散策 世界遺産エリア

日光市山内(さんない)にある、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の二社一寺は1999年に世界遺産に登録され、日光でもっとも有名な観光施設です。
世界遺産エリアは広くじっくり見てまわると1日では回りきれないくらいです。

紅葉の憾満ヶ淵と国道沿いのひっそりとした神社を巡るコース詳細

紅葉の憾満ヶ淵と国道沿いのひっそりとした神社を巡る

秋におすすめ 史跡散策 世界遺産エリア

憾満ヶ淵は、大谷川をはさんで日光植物園の対岸にあります。素晴らしい渓谷美で紅葉と石仏や石塔を眺めながらの散策がおすすめ。
大日橋で折り返し、その後は国道沿いにありながらも中に入ると静かでひっそりとした雰囲気の神社を巡ります。

いろは坂〜奥日光 紅葉ドライブコース詳細

いろは坂〜奥日光 紅葉ドライブ

秋におすすめ ドライブ 奥日光エリア

日光の紅葉スポットを代表するのがいろは坂です。
上っていくにしたがって美しい木々の紅葉が堪能でき、コースの終わりには明智光秀が名を残したと言われる明智平などのメジャースポットなどもあり、この時期欠かすことのできない絶景スポット!
※紅葉シーズンの日中は混雑しますので、朝早くのお出かけがオススメ!

紅葉の中禅寺湖スカイライン&半月山ハイキングコース詳細

紅葉の中禅寺湖スカイライン&半月山ハイキング

秋におすすめ ドライブ 奥日光エリア

中禅寺湖スカイラインは中禅寺湖の南東にある半月山へ上がる約10kmの道路。途中にある中禅寺湖展望台では男体山と中禅寺湖の展望が開け、終点の半月山駐車場からは足尾の山々のみごとな紅葉を見ることができます。
そこからさらに25分のハイキングで八丁出島の美しい紅葉を見に行きましょう。
半月山駐車場まではバスでも行くことができます。

ページの先頭へ
Copyright (C) Nikko Kanko Live Johokyoku. All Rights Reserved.