日光の今がわかる観光情報サイト

日光観光ライブ情報局

〜世界遺産と奥日光〜

大 中 小
サイト内検索
トップページへ戻る
  1. トップページ
  2. 特集:日光の紅葉2019

特集:日光の紅葉

紅葉スポットピックアップ

おすすめ紅葉スポット見頃予想

紅葉スポット 9月 10月 11月 地図
下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
奥日光エリア
小田代原 【草紅葉】 紅葉見頃 紅葉見頃           マップ
戦場ヶ原 【草紅葉】 紅葉見頃 紅葉見頃           マップ
小田代原   紅葉見頃 紅葉見頃         マップ
竜頭ノ滝   紅葉見頃 紅葉見頃         マップ
湯ノ湖   紅葉見頃 紅葉見頃         マップ
湯滝     紅葉見頃 紅葉見頃       マップ
中禅寺湖     紅葉見頃 紅葉見頃       マップ
戦場ヶ原     紅葉見頃 紅葉見頃       マップ
いろは坂     紅葉見頃 紅葉見頃 紅葉見頃     マップ
世界遺産エリア
憾満ガ淵       紅葉見頃 紅葉見頃     マップ
裏見の滝       紅葉見頃 紅葉見頃     マップ
神橋(世界遺産日光の社寺)         紅葉見頃 紅葉見頃 紅葉見頃 マップ
霧降高原エリア
霧降高原キスゲ平園地   紅葉見頃 紅葉見頃 紅葉見頃       マップ
霧降ノ滝       紅葉見頃 紅葉見頃     マップ
外山・小倉山         紅葉見頃 紅葉見頃   マップ

※気象状況等により紅葉時期が異なりますので、お出かけの際にはご確認下さい。

旬のおすすめ観光コース一覧へ

日光近代歴史散策 1 【JR日光駅〜世界遺産日光の社寺】

日光近代歴史散策 1 【JR日光駅〜世界遺産日光の社寺】

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
まずはJR日光駅から世界遺産日光の社寺付近まで!

続きを読む
日光近代歴史散策 2 【世界遺産日光の社寺〜いろは坂】

日光近代歴史散策 2 【世界遺産日光の社寺〜いろは坂】

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
第2弾は世界遺産日光の社寺からいろは坂まで!

続きを読む
日光近代歴史散策 3 【いろは坂〜中禅寺湖〜湯元温泉】

日光近代歴史散策 3 【いろは坂〜中禅寺湖〜湯元温泉】

日光には世界遺産である日光の社寺以外にも様々な歴史遺産がございます。
その中でも明治維新後につくられた歴史遺産にスポットをあててご紹介いたします。
第3弾はいろは坂を上り中禅寺湖をぬけて湯元温泉まで!

続きを読む

首都圏より少し遅咲きの日光の桜をめぐる

首都圏より少し遅咲きの日光の桜をめぐる

都心に比べて標高が高く、ほぼスカイツリーと同じ高さの世界遺産『日光の社寺』が位置する山内(さんない)付近の桜シーズンは4月中旬頃です。
日光の桜は、ヤマザクラとシダレザクラが多いこと。また、日光駅から奥日光湯元温泉まで標高差が約1,000mもあるので長い期間桜が楽しめます。

続きを読む
奥日光の隠れた名瀑と木漏れ日に癒される「戦場ヶ原」ハイキング

奥日光の隠れた名瀑と木漏れ日に癒される「戦場ヶ原」ハイキング

奥日光を代表するハイキングコースで、夏の観光シーズンにはハイカーでにぎわいを見せます。
「奥日光の湿原」として「ラムサール条約」に登録されている戦場ヶ原は木道が整備されハイキングに最適。
コースはほとんどが下り坂になっていますので、高齢者やハイキング初心者でも歩きやすいコースになっています。

続きを読む
マイナスイオンたっぷり日光パワースポット滝巡り

マイナスイオンたっぷり日光パワースポット滝巡り

霧降ノ滝から華厳ノ滝、奥日光の湯滝まで日光有数の滝を巡り、マイナスイオンあふれるパワースポットを満喫できる贅沢なコース。
交通渋滞を避けたい時には湯滝からの逆コースがおすすめ。

続きを読む
「栃木の紅葉」 日光の紅葉の写真はこちらのサイトでもご覧いただけます。
日光の宿・ホテルを探す

最新紅葉写真

  • 奥日光エリア

    今年最後の満月−5℃      by NIKKOMAN

    2019年12月13日 06:45撮影

    奥日光エリアの写真一覧
  • 世界遺産エリア

    神橋周辺紅葉見頃

    2019年11月14日 08:00撮影

    世界遺産エリアの写真一覧
  • 霧降高原エリア

    霧降の滝

    2019年11月08日 12:00撮影

    霧降高原エリアの写真一覧
龍王峡
鬼怒川温泉
湯滝
ページの先頭へ
Copyright (C) Nikko Kanko Live Johokyoku. All Rights Reserved.